追炊き配管除菌クリーニングbefore&after

追炊き配管除菌クリーニングでは、普段手の届かない追炊き機能用の配管内を
マイクロファインバブル発生装置とおそうじ本舗オリジナル洗剤の泡で配管内
に細かく入り込みよごれを落とし除菌していきます。
配管内なので出てきた汚水で汚れの落ちは分かりますが、より可視化するため
おそうじ本舗では、サービス施工前と施工後で検査キット(ルミテスター)を用いて
雑菌や汚れを数値化(RLU※)しています。
※RLUとは、生物由来の汚れや菌などの一部成分を発光させた数値のことです。
osouji_kawaii_midashi_52
image0-2
追炊き配管除菌クリーニング施工前の汚れの数値です。10万RLUを超えていますが、これは生ごみ(92,159RLU)より汚れているということになります。お客様にもしっかりと確認してもらいます。おそうじ本舗の衛生基準では500以下の数値を合格ラインとしています。これは飲食店での衛生基準(まな板)と同じですので安心していただけます。
horizontal
after
image0-3
追炊き配管除菌クリーニング施工後の汚れの数値です。
500以下が合格ラインなのですが、3ということで大幅に除菌できたということが視覚的にわかりますね。ちなみに、おそうじ本舗では合格ラインに満たない場合、何回でも追炊き配管除菌クリーニングを施工し、合格ラインを満たすようにします。その際お客様からの追加料金は頂きません。
image3-3
追炊き配管除菌クリーニング施工中の写真です。左下に見える装置が、マイクロファインバブル発生装置でこれを用いて微粒子を発生させ、追炊き配管の中の汚れを浮かせて取り除きます。ですので、除菌剤が泡立って膨れています。
image2-5
周りの泡は除菌剤の泡ですが、真ん中の白い点や浴槽に付着しているのは、配管内の皮脂汚れや入浴剤の残りかすなどです。また、写真では分かり難いですが水も濁っています。
しっかりと除菌液が循環され、汚れが排出されている証拠です。

同じカテゴリの記事を見る

ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ