おうちのお手入れ〜エアコン編〜

2021年11月13日

おはようございます。おそうじ本舗磯城店です
本日はエアコンのお手入れについて紹介します

まず、お手入れ方法の前にエアコンの仕組みとカビの発生原因からご紹介します。
ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、そもそもエアコンは本体(室内機)と
室外機に分かれていますが、本体(室内機)のみで室内の空気を循環させ、風を冷やしたり、温めたりしており、室外機から空気を取り込んだりしているわけではありません
室外機は室内機を冷やすための機械、パソコンでいうところの冷却ファンみたいな役割をしてくれているイメージで良いのかもしれません
なので、エアコンは室内の空気を循環させながら、汚れをフィルターでキャッチしています。空気を冷やす際、ドレンパンに結露水が発生して湿度が急激に高くなる事が、カビや雑菌の繁殖原因です
カビはドレンパン→ファン→吹き出し口の順番で生えていくので、吹き出し口でカビが見えた時には内部はカビだらけと考えられます
続いて、フィルターのお手入れ方法についてです
『フィルター』
1.ホコリが落ちてこないよう、カバーを開けて掃除機でホコリを吸い取る。
2.フィルターを外し、表側から掃除機をかける。裏側からかけると逆に
 ホコリが詰まるので注意。
3.浴室でシャワーをかけて水洗いし、タオルで拭く。
 掃除機とは逆に裏側から当てるのがポイント。
 また、この時食器洗い用のスポンジなどで軽くこすると、
 ホコリが固まって取れやすくなります
 リビングのエアコンなど油汚れが強いときは食器洗い用の
 中性洗剤を使用してもOKです。
 ただし、洗剤を使用した場合は十分に水で流して下さい。
 アルカリ電解水がホコリ落としにお勧めです。
b069206dcb9a09bba9549fcf03c5d80a
続きまして、吹き出し口です。
『吹き出し口』
1.電源を落とし、風向ルーバーをゆっくり開く。
 電源が無い場合はエアコンのブレーカーを落としてください。
2.スマホのライトなどで内部を照らして確認。黒い点々が見えたらカビの可能性。
3.ウェットティッシュや硬く絞った水タオルなどで黒い点々を拭く。
 その後電源を入れると風向ルーバーは自動で元の位置に戻ります。
65c41f143487ecbe5dd74b1816c3dbb2
豆知識1
冷房を使った後には「送風」運転にするのがおススメ。
タイマーをセットして30分ほどかけておくと内部が乾燥し、カビの繁殖をおさえられます「内部クリーン」など自動でこの状態になる機能があるエアコンは機能をONしておいた方が効果的です。毎回するのが手間だという方は、夏場は出かける際に一時間程暖房を
タイマーでかけると内部が乾燥されてカビの繁殖を抑えることができます
シーズン終わりに冷房を使わなくなった時点で暖房運転で内部を乾燥させてあげる
のも良いかもしれません。
豆知識2
最近のエアコンはかなり高出力になっており、換気扇よりも室内の空気を引っ張る力が
強くなっている場合があります。つまりキッチンで油を多用する料理中にエアコンを
使っていると、油を含んだ水蒸気(油煙)がエアコンの方に吸い寄せられてリビング全体が
汚れてしまうことも。また、エアコンが油で汚れてしまい、そのベタベタが原因でさらに
ホコリが吸着する悪循環が発生する可能性があります。
とはいえ、エアコンをつけなければならない真夏でなおかつ料理中など暑くて大変ですので、可能ならエアコンを切って、換気扇に油煙を吸わせるのが理想ですが、
エアコンかけっぱなしの場合は、まめにフィルター掃除をしてあげて下さい。
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ